Skip to content

酸素カプセルリースで知っておきたいポイントとは

酸素カプセルは健康面での効果が期待できることから、現在、様々な分野で活用されています。種類としては家庭用やサロン・ジムなどで導入されている高圧タイプと、クリニックなど医療機関が導入をする高気圧タイプの2つがあり、価格も家庭用であれば十万円単位から、高気圧では数百万円単位までと様々です。酸素カプセルは使用場所や目的によって異なるもののまとまった費用が必要になり、出費を抑える方法としてはリースの活用があります。現在、リース会社、製造会社ともに対応をしているところが多く、手軽に導入をすることが可能です。

一方、導入をする際にはポイントを抑えておく必要があり、まず、使用目的を確定しておくことがあります。理由としては機種によって料金が異なる点があり、長期間であればあるほど大きな差が生じることになります。酸素カプセルをリースで導入する際には個人でも利用可能なのか、また、事業者向けのみなのか確認をすることが大切です。一般的に個人用であればレンタルという形を用いている会社が多く、リース形態の場合には個人向けに対応をしていないケースもあります。

リースの場合には契約期間・契約期間終了後・動産総合保険・固定資産税などに関して条件が付きます。特に事業として利用する場合にはメリット・デメリットがはっきりしており、まず、最大のメリットは毎月の料金を経費処理できることがあります。また、契約ごとに新しい機種に替えていくこともできます。デメリットは中途解約ができないことがあり、物件自体の所有権を取得できないことや、付属費用や諸費用などが含まれるために割高になる点があります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です