Skip to content

酸素カプセルをリースで導入することの利点

酸素カプセルを使って疲労回復をはかったり新陳代謝をめざす人が増えています。酸素カプセルは、カプセルの内部の気圧を標準気圧以上にする加圧装置を備えた健康機器で、初期の頃はスポーツイベントでスポーツ選手が使用していることからマスコミに取り上げられ認知されるようになりました。酸素の濃度を上げるタイプの酸素カプセルは、糖尿病などの生活習慣病をでは、筋肉の代謝が低下しているため酸素を身体を取り込むことで代謝が良くなると言われています。この酸素カプセルを営業用に使用する接骨店や病院。

エステ・リラクゼーションが増えています。ファイナンスリースを利用すれば毎月のリース料を経費として処理して導入することができます。導入するお店とメーカーの間で導入する機種を選定し、リース会社が酸素カプセルを販売店から買取りしたうえで、一定期間にわたり一定のリース料を受け取ることを条件にお店に賃貸します。つまり、お店にとっては設備の調達を「長期間の賃貸」と考えるのです。

リース料は、全額経費として全額処理をすればいいということになります。購入して資産計上するより有利に導入が図れるメリットがあります。保守については購入する販売店と締結できますからメンテナンスもできます。メリットは、資金調達と同じ役割を果たすことができる点にあります。

借入なしで機器の導入ができます。資産計上などの事務処理を省いて全額損金処理ができることになります。期間を短くすることで技術進歩で進化した製品に入れ替えることもできます。デメリットとしては機器を自己所有できないなどがあります。

コピー機のリースのことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です