Skip to content

コピー機のレンタルでかかる費用

コピー機のレンタル契約を結ぶ場合、どのような費用がかかるのかをあらかじめ学んでおく必要があります。まずは本体料金ですが、新品のコピー機を選ぶと高くなります。機能的にはそれほど違いが無くても、少し古い機種になるとかなり割安です。保守・メンテナンス費用も忘れてはいけない部分であり、比較的故障しやすい機器であるため、導入後は定期的にメンテナンスをしてもらえるように、しっかりとした内容で結んでおきましょう。

保守にはいくつかの種類があり、カウンター保守契約、キットトナー契約、スポット契約のどのタイプでも構いません。レンタルではコピー機を使用した枚数で料金が決まるカウンター契約が交わされることが多く、毎月のカウンター数に応じて料金を支払うことで、パーツ代や出張費、作業費等が無料になります。故障の時でも無料を修理してもらえますので、トータルで見るとかなりお得です。カウンター料金はモノクロとカラーとで異なる設定になっており、カラーの方が一枚当たりの価格が高くなります。

契約を結んだ後は、レンタルする機種を会社まで運んでもらわなければなりません。運送する際の費用もかかり、運搬自体はプロの業者に依頼するのが一般的です。コピー機はかなりの重量がありますので、専門の人でないとスムーズに運ぶことができません。オフィスが二階以上にある場合、エレベーターも使えない場合には運搬に手間がかかって、別途料金が請求されます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です