クラウドPBXの料金体系

クラウドPBXは、電話運用の費用を削減することができる方法と注目されています。導入コストが非常に小さくて済むことや、席数に応じて料金が変動する仕組みであるため、人数が少ない中小企業ほどそのメリットが大きいと注目されていますか、その料金体系は非常に複雑である上、自社でPBXを購入する場合と大きく異なるためこの点に注意をしなければなりません。場合によっては、現在よりもその費用が増大してしまう危険があることを十分に認識しておく必要があります。クラウドPBXは基本的には初期費用と基本料金、及び席数による単価から構成されることが多く、そのため席数が増えるにつれ費用が増大する仕組みとなっているのが一般的です。

しかし中にはその他に様々な機能がオプション料金として設定され、その機能を利用するためには費用が発生するという仕組みになっているものもあるため、この点に十分に注意をしなければなりません。企業内でよく利用されるグループピックアップや転送機能等は一般的にはクラウドPBXではオプション機能となっており、その設定数やグループの数に応じて料金が変動する仕組みとなっています。そのためこれらの機能を利用すればするほど、料金が高額になってしまうことになり、場合によっては自社で小型のPBXを導入するよりも高額となってしまうことがあるため注意が必要です。クラウドPBXの導入を検討する場合には、この料金体系を十分に理解して必要な機能をシミュレーションし、十分に金額を比較することが重要です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です