贅沢ワークに便利なクラウドPBXの導入方法

2020年以降は新型コロナウイルスの感染防止のために、多くの事業所で在宅ワークが導入されています。出社せずに自宅やレンタルオフィスなどで仕事をする場合でも、社内・社外の連絡のために電話を使用する必要があります。社外だと内線電話が使えなくなってしまいますが、インターネット環境であればクラウドPBXを導入することで仮想的に内線電話を使用することが可能です。クラウドPBXはオンライン上のサーバーに設置された仮想の構内交換機で、インターネットを通してアクセスすれば会社用の内線電話が利用できます。

導入の際に機器の購入・レンタルをする必要がなく、契約をして端末の設定作業をすればするに利用できます。クラウドPBXの導入方ですが、事業所単位で契約をするとログイン用のIDとパスワードが発行されます。事業所で初期設定を行い、ユーザーは自分用の機器に専用のソフトウェアまたはアプリをダウンロードします。ソフトウェアやモバイル機器用のアプリを起動して自分用のIDとパスワードでログインすれば、すぐに内線電話が利用できるようになります。

クラウドPBXはオンラインストレージやファイル転送サービスとお味用にインターネット上のサービスなので、新たに機器を購入する必要がありません。月額利用料金を支払うだけで使用できるので、従来型の構内交換機を設置する場合と比べて初期費用やランニングコストが安いというメリットがあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です