クラウドPBXを利用して経費削減を実現

クラウドPBXは企業などで自社でPBXを持たずにそのサービスを利用することができる方式であり、特に中小企業ではメンテナンスを行うための人員を雇用する必要がないため、非常に便利なものとなっています。また単に人件費や人員的な問題だけではなく、運用コストや初期コストの面でも大幅なメリットを得ることができるものと注目されているのが特徴です。クラウドPBXの基本的な原理は、PBXの機能を外部の会社が構築したシステムに委託することであり、その利用方法は一般家庭に敷設されている電話機のような仕組みのものと、近年多くの企業で利用されているIPPBXの方式の2つがあります。その2つの違いは一般的な電話の場合には専用の回線を敷設し、社内にも専用の経路を敷設しなければならないことになりますが、IPPBXの場合には既存のネットワークが利用できることが多く、インターネットを経由して利用することができると言う点からコスト的なメリットが非常に大きいと言うポイントがあります。

クラウドPBXは一般的に使用する端末の台数に応じて料金が変動する仕組みとなっており、利用する人数が少ないほどより料金が安くなる仕組みとなっているため中小企業ほど効率よく利用することのできるものとなるのが特徴です。そのため、小規模で専用のPBXを導入する費用を捻出できない場合や、その運用を行う人員が確保できない場合などには、非常に効果的に利用できるものとなっているのが特徴です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です