クラウドPBXってどんな仕組み?メリットは

近年、これまでのビジネスフォンに代わりクラウドPBXの導入を検討している企業も増えているようです。そこで、クラウドPBXの仕組みやメリットについて見ていきましょう。まず、従来のビジネスフォンPBXとの違いは、固定電話回線を使うのではなく、インターネットの回線を使う点にあります。クラウドというのは、インターネット上でデータの共有ができるサービスのことですので、クラウドPBXはこのクラウドの強みを活用し、ビジネスフォンでは出来なかった機能が使えるようになりました。

ちなみに、PBXは固定電話の回線を使い、外線通話やオフィスの中での内線通話や転送ができる装置のことを指します。電話の基本となる機能ですので、メイン装置と呼ぶことも出来ます。多くの企業ではこのPBXを使っていましたが、外線・内線・転送をおこなえるのは、あくまでもオフィスの中にある固定電話からのみ、ということになります。一方のクラウドPBXは、パソコンやスマートフォンにアプリケーションソフトをインストールし、オフィスの中に専用アダプターを設置して使用するものです。

インターネット回線を使用することで、パソコンなどのデバイスが使えるようになり、チャットやビデオ通話が可能になった点も大きいでしょう。そしてオフィスの中だけでなく外出先でもPBX機能が使えるという利便性があります。初期費用とランニングコストも押さえられ業務効率がアップするなど、企業にとってはさまざまなメリットを持つのが、このクラウドPBXの特徴と言えるのです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です