IP電話は安さと導入しやすさが魅力

従来、オフィスや家庭などに電話を引く場合は、電話会社から加入権を購入したうえで専用回線の敷設工事を行う必要がありました。しかし近年では、インターネット回線さえ開通済みであれば、ごく簡単な手続きだけですぐに利用できる電話サービスが実用化されています。それが、IP電話と呼ばれるサービスです。IP電話は、インターネットで文字や画像などをやり取りするのと同じ原理を用いて音声通信を行うサービスです。

別個に回線を引く必要がなく、電話機も従来の電話サービスに使っていたものがそのまま使えます。提供しているのは、インターネット接続サービスを提供しているのと同じプロバイダと呼ばれる事業者です。IP電話を利用する最大のメリットは、費用の安さです。まず導入に際して必要となるのは1、000円から2、000円程度の契約料ですが、完全無料というプロバイダもいます。

電話機と接続するには専用の機器が必要となりますが、レンタルすれば月々数百円程度で済みます。さらに経済性が高いのは、通話料金です。固定電話にかける場合、携帯電話にかける場合のいずれも、通話料金は従来の電話サービスよりも割安になっています。遠距離電話になれば、その優位はさらに顕著です。

というのも、IP電話は途中で交換局を経由する必要がないため、距離別の料金体系を採用していないからです。プロバイダによっては、IP電話同士なら通話料が無料というところもあります。本社・支社間などでこのサービスを利用すれば、通信コストを大幅に節減することができます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です