IP電話で企業の通信コストを節約する

ビジネスの世界においては電子メールやSNSなどで連絡を取り合う機会が増えてきましたが、従来の電話によるコミュニケーションもまだまだ日常的に行われています。そのため、企業等はコストの節約のため、通話料金が割安な電話サービスを求める傾向があります。そうした需要に応えるものとなっているのが、IP電話です。IP電話のIPとはInternetProtocolの略で、簡単に言えばインターネット回線を利用した電話サービスということになります。

従来のアナログ回線による電話では、音声を有線ケーブルでそのまま電話局に送信することで通話を行います。これに対してIP電話では、音声をいったんデジタル信号化して通信ネットワークを通して送信します。その際、画像などを送信するのと同じパケット方式を採用してデジタル信号を小さなデータの塊に分け、相手方へ送ってから復元します。そのため、通信の効率性がアナログ方式より高くなる一方、通信に要するコストは低くなります。

もちろん、電話局を設置・維持する必要もありません。また、導入に要する初期コストが低いのもIP電話の利点です。多くの企業等ではオフィス内にすでにインターネット回線が引かれていますが、そこで契約済みのプロバイダからIP電話サービスの提供を受けるのであれば、新たに接続機器を加えるだけです。アナログ電話のように加入権を購入したり、専用回線の設置工事を行う必要はありません。

IP電話のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です