通信コストを節約したいならIP電話がおすすめ

ビジネスの世界において名刺交換を行う際、そこに記載されている電話番号が050という局番になっているのを見かける機会が多くなりました。この番号はIP電話の番号で、企業等における通信コストの節約に役立つサービスとして注目を集めています。IP電話はインターネット回線を利用した電話サービスで、通常の電話会社ではなく、メールサービスなどと同じくインターネットサービスプロバイダが提供するサービスです。料金はプロバイダごとにまちまちですが、標準的なところでは月々の基本料金が数百円程度、通話料は従来のアナログ電話と比べた場合市内通話はわずかに安い程度ですが、市外通話も市内と同水準で利用できるため、遠距離電話はかなり割安となります。

また、同一プロバイダのIP電話同士ならどれだけ通話しても基本料金以外は無料、というケースもあります。画像や文書データなどをやり取りする場合と同様、IP電話も音声データをパケット方式によって小分けにして次々と送信し、相手先に届いた時点で再びひと塊のデータに戻します。そのため、通信効率にムダがありません。さらに、すでに敷設されているインターネット回線を利用して通信を行うために、電話交換局などの専用施設を必要としません。

こうしたことから、従来のアナログ電話に比べて安い料金で利用することができるようになっています。さらに近年では、スマートフォンに専用アプリをインストールすることで利用できるIP電話サービスもあります。この場合も、従来の携帯電話に比べると通話料金は割安です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です